害獣駆除はプロにお任せ|悩みをすぐに解決

男性作業者

駆除したいハチ

外観

ハチの種類と駆除について

ハチは、アリと同じように巣を作って集団生活をする社会性昆虫であり、住宅周辺に巣を作るハチの種類として3種類をあげることができます。ひとつ目はミツバチで、屋根裏や樹木の空洞などに巣を作ります。刺激をしなければ襲われることはまずありません。アシナガバチは軒下や木の枝に巣を作りますが、不用意に巣に近づくと刺されることがあります。スズメバチは最も大型であり、攻撃性が高く、巣に近づくだけで非常に危険となります。ですから、ハチ駆除を自分で行う場合、ハチに刺されるとショック症状を起こして最悪の場合死に至る危険があります。この危険性を考慮すればハチ駆除を専門とする業者に依頼することが最も安全で確実な手段と言えるでしょう。また、ハチ駆除だけでなく巣や死骸も一緒に処理してもらうことができますし、再び巣を作らせないように防虫剤の散布なども行ってもらうことが可能です。

自分で駆除を行う場合の注意について

ハチ駆除は危険が伴いますが、非常に危険性が高いスズメバチを除けば、対策を行うことで比較的安全に処理をすることができます。そして、スズメバチの巣は形から判断することができ、丸い形で一か所だけ穴が開いてそこからハチが出入りしています。一方でアシナガバチの巣は育房が直に外に出ていて、群がるハチが確認できます。スズメバチの巣の処理は危険性を考慮して業者に依頼します。それ以外のハチであれば、離れた場所から打ち込むタイプの殺虫剤を使用して駆除を行います。時間帯はハチの活動が鈍る夕暮れ以降が適しています。ハチに攻撃されやすい黒い服を避けて白い服を着用し、帽子や首周りのタオルなどで皮膚の露出を少なくなるので、巣から4mほどの距離から殺虫剤をしっかりと噴射しましょう。